スタッフブログ Staff Blog

2021.05.12

スタジオでお宮参りの写真を撮りたい理由5つを紹介!生後30日の今しか撮れない写真を残そう

お宮参りは赤ちゃんが生まれてからおよそ1ヶ月後に、土地神さまへお参りして赤ちゃんの健やかな成長を祈る行事です。

赤ちゃんの生まれて初めての晴れ着姿は、本当に愛らしいもの。衣装から着付けまで全てお任せいただける行えるフォトスタジオで、ぜひ記念写真を残しましょう!

スタジオでお宮参りの写真撮影をする5つのメリットを紹介します。

 

理由1 今しか撮れない姿をプロクオリティで残せる

とにかく成長の早い赤ちゃん。あっという間に体がしっかりし、座れるようになり、ハイハイをするようになり…。生まれて数ヶ月でめまぐるしく成長していきます。

そんな赤ちゃんの成長を見守るのは楽しいものですが、生後30日の姿を残せるのはごくごくわずかな期間だけ。笑顔も泣き顔も、ぜひプロクオリティで残しておきましょう。

スタジオ撮影ならプリント写真も鮮やかに残せます。

 

理由2 混雑や暑さ寒さを避けられる

まだまだ体温調節機能をはじめ、体のさまざまな機能が未熟な生後30日の赤ちゃん。お宮参りの混雑が心配、真夏や真冬の時期は避けたいなどという理由で、時期をずらす方も少なくありません。

そんなときはぜひ、写真だけでも撮影してみませんか?イトマンスタジオベルは4階建てのビルになっており、エレベーターで階を移動するだけで着付けやメイク、撮影まで、全て行えるようになっています。もちろん空調も万全、人混みの心配もありません。

イトマンスタジオベルはスタッフが全員女性ですので、もし体がつらい、授乳をしたい等ありましたら、ぜひお気軽にお伝えください。お母さんと赤ちゃんのペースに合わせて撮影させていただきます。

 

理由3 衣装レンタル〜お参り〜撮影まで、移動と時間を最小限に抑えられる

生後30日は、まだほとんど外へ出たことがない赤ちゃんも多い時期。生後1ヶ月検診ではじめて家の外へ出たという赤ちゃんも多いのではないでしょうか。お母さんも出産でおったダメージがやっと回復してくる時期で、まだまだ無理がきかない状態。時間はなるべくかけたくないですよね。

衣装レンタル・着付け・撮影まで行えるフォトスタジオなら、移動を最小限に抑えられます。なるべく赤ちゃんとお母さんに負担をかけない形で撮影できるのも大きなメリットです。

 

理由4 家族みんなで落ち着いて撮影できる

兄弟が何人かいるご家庭では、屋外での家族写真はなかなか大変なもの。ぐずったり、ふざけたり、ケンカが始まったり…。

屋内型のスタジオでなら、ヤンチャな兄弟がいても大丈夫!キッズフォトのプロによる自然な表情の家族写真を残せます。

 

理由5 お宮参りの後も節目節目で利用できる

子どもの成長はとにかく早いもの。お食い初め、初節句、1歳のお誕生日、七五三、入学式と、あっという間に大きくなっていきます。

東大阪の布施に店舗を構えて30年以上になるイトマンスタジオベル。お子さまが大きくなられて、節目節目で撮影に来ていただくのを、従業員一同いつも楽しみにしております。

 

お宮参り、人生初の晴れ着姿をプロクオリティで残そう

我が子の生まれて初めての晴れ着姿を記念に残したい、でも赤ちゃんやお母さんにあまり負担をかけたくない…。

イトマンスタジオベルでなら、空調万全のアットホームなスタジオで赤ちゃんやお母さんの負担を最小限に抑えながら着付けや撮影を行えます。ほんのわずかな時期しか見られない赤ちゃんの可愛い姿を、ぜひプロクオリティで残してくださいね。

イトマンスタジオベル のお宮参り料金プラン